スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

クルセイドフェスタ いろんな意味でひどかったです

今回は愚痴っぽくなりますので嫌な方はスルーしてください

 結果から言うと5回戦中1敗北もしていません  が、13位というひどい順位でした
引き分けが3回というありえない数字
三回戦目をまともにやった試合は一度もありませんでした
環境もいまいちなうえに明らかに時間が足りないというのを確信しました
実際に参加人数もOG以下で大阪マクロス杯以下の数字
こんな環境で出る人いないのかねえ・・・・確かにひどかったけど
自分が引き分けたら当然相手も引き分けなので引き分け者数はとても多かったです
ちなみに自分は長考なんて一度もしてません それでも三回戦なんて残り時間2,3分しか残ってません
問題はクローディアやサウンドフォース、歌など多数 公認ろくにいってなかったのでここまでとは見くびってました
さらに運営が今回ひどかった 金銭面できついのかジャッジがサンライズ、マクロス、OGとすべて共通で数人しかいませんでした
さらにジャッジがルールを理解しておらず ジャッジが他のジャッジを呼ぶという始末
当然そんなことすれば数分以上時間かかりますよね
サンクル、マクロス、OGすべて共通なので移動ですら時間かかる

まだあります 今回の優勝賞品を優勝者に見せてもらったところ明らかにグレード落ちてます
優勝カップは自分のもらったのよりもかなり小さいものでした
その上副賞のマクロス玩具も1000円程度の小さいメサイア 前回より賞品数も減ってました
いくら大会数が増えたからってひどくないですかね?これ
そりゃどんどん離れていっちゃいますよ

以上 愚痴
以後は今日の対戦について
ちなみに今回マクロス杯は全勝は出ませんでした
優勝者に唯一引き分けをつけたのは俺だけです(優勝者はそれ以外勝利)
優勝者から「今日はJINさんが一番強かった」と言ってくれたり他の参加者からプレイングがよかったなどいってくれたのが唯一の救いかな
あと5回戦やってバジュラもシェリルコンサートも1度も当たりませんでした
意味わからんw 大阪大会とはまったく別物の環境でした
まぁどちらにせよ1弾環境よりは圧倒的に面白くない環境でした
友人とやる以外はしばらくクルセイドは封印かもな
次の大会は半年後か・・・・どうなっているのか

私信(今日帰りに一緒になった人らは呼べば時間あえばクルセイドやりにいくから3弾買っといてくれよな) 

レポは今回で以上 これ以上は書く気はおきないですね

| 大会レポ | 23:07 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |

クルセイドフェスタ 決戦前夜

 いよいよ 明日ですね
前回のツアーから長いようで短い期間でした
準備はしてきましたが、とりあえず楽しめればいいなと思います 

マクロス杯に参加する方々はよろしくお願いします
その他の参加者のみなさんも頑張っていきましょう
| 大会レポ | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

久しぶりのマクロスクルセイドシングルフォーマット大会  良いお方に出会えました

 ひっさびさに大会レポカテゴリー
最近忙しくて大会出れなかったんだけど、2月でマクロスのシングル大会終わるってことで無理くり時間つくっていってきました

結果は参加者が少なかったせいで優勝しました
本当はもっといろんなデッキみて参考にしたかったんだがそこは残念だなーと思った

時間作ったのに早く終わっちゃったので対戦者さんに「よろしければフリプレお願いできませんか」と伺うと快く了承してもらえた
この方がとても良い人で現在の都内の大会の環境やらいろいろ教えてもらえました

この場を借りて本当にありがごうざいましたと伝えたいほどです

最初はどうなるかと思ったけど充実した時間を過ごせたかな
| 大会レポ | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

マクロスクルセイド クルセイドツアー09東京公式大会 マクロス杯レポート 優勝への軌跡最終回 お疲れ様でした

 長らく続いてきたクルセイドツアー09東京公式大会マクロス杯レポも今回で最終回です
イ梁海なのでイら見て下さい 



4回戦目終了時
あまりのことで、混乱と困惑ばかりしていた
対戦相手の方に挨拶をし、席をたつ 近くにいた身内たちが集まってくる
4回戦ながらもギャラリーも多い
「どうだった?」と言われ「勝ったよ」というと一様に驚いている
俺もそーですよ・・・・
この時点であと二タテ負けしても8-2で入賞レベルでギャラリーの方々と身内からは「入賞は確定したな!」と言われたのですが俺は実感がなく、いやいやと軽く否定
ここでうかれると絶対に負けると思ったので それに順位のことは考えずに・・・ってのは無理だったかw
で、適当に会場をまわり知り合いさんたちの様子を見ながら声をかけたりかけられたり
そして・・・
あとで冷静に考えれば怖いことだったのだがここでハプニング

???「あのーすみません これ・・・」といって声をかけられた
これ、あなたのですよね?といってカードを渡される
あ・・・・・・・・・ありがとうございます!!!!!!!!!!

はっ! 確かにこれは俺のカード・・・そうだ!サイドを変えたまま卓におきっぱなしにしてたのか!
これなかったら出場できなかった・・・
あまりの衝撃にすっかりカードを忘れていたらしい
この場でももう一度お礼を言いますが、本当にあの時カードを届けてくださった方ありがとうございました
あの方がいらっしゃらなければ優勝は出来ませんでした

適当に会場をまわったあとは一緒にマクロス杯に出た身内たちのところへ
冗談で「次の試合引き分けにすりゃ上位だぞ!」とか言われるが「さすがにそれはない」と返答
しかしあまりの緊張でおかしなテンションなのは確か
次勝てば優勝なんて実感ないし、さすがに次こそ負けると思うのだがここまで来ると勝ちたい気持ちが強いのでもう自分がわけわからんことにw

そこで次の対戦表の発表
人は明らかに減っているがこっちとしては関係ない
やっぱり1位卓に名前が・・・・これが最後だ 体調と体力、この試合だけもってくれー!と願う

早めに席につき前試合で入れ替えたサイドボードをチェンジしつつシャッフル
事実上の決勝戦なのでギャラリーが一番多い
ふとそんな中にどこかで見たことある方が・・・・・

あー!あなたは今年はじめの横浜のデュアルデッキ大会で初戦に戦って俺がぼろ負けした時の方じゃないですか!ともろ個人的なネタw
ものすっごい偶然で向こうも覚えててくれた 何気にうれしい
頑張ってるじゃないですか、と声をかけてくれる 少し緊張がほぐれた気がしたので助かりましたよ

しかし、最強の敵ジンクスが待っているのでぶっちゃっこのときは終わったなと思ってました
多分このときはなししても何のこっちゃ分からなかったと思いますw

そこへ対戦相手の方が よろしくお願いします!
こっちはテンションでいくしかない!

アナウンス「それでは第五回戦 試合開始!」


・第五回戦 対 青緑メサイアタイプ この方は7位あたりに入賞していた方
このとき8-2でこのあと8-4ってことのはず

1本目

じゃんけんで負けて後攻
初手は・・・悪くない 2ターン目からきっちり攻めていける
さすがに最終戦ということもあってギャラリーが多い
横浜大会の時の方も見てるので若干緊張するが何度も何度もやってきたこのデッキを信じるしかない 自分で最後まで調整したデッキなので愛着が強いんですよね
カードプールは狭いですけど、自分なりに取捨選択してきたので

相手は3T目にメサイアFという青緑でよくみるタイプ
こっちは青緑には相性いいのでガンガン攻める
4T目にこっちグラージを出しヌージャデルガー登場

相手はミシェル機プレイ そこからスーパーメサイア換装
だが、このときは5点なので無視 こっちが今まで与えたダメージのが上
プレイミスもなく冷静にしけてる、よしよし

このタイプは散々相手してきたのでだいたい動きは分かっている
相手はこっちのダメージに嫌気がさしたのかダメージ軽減のためだけにダイヤモンドクレバス
こっちとしてはありがたい 
相手はユニットを出していくがこちらはそうてんユニットも引き相手の手が出ない状態に
その間にこっちもだいぶ場が完成
マクロスやミンメイも引き、ストバルやグラージ、ヌージャデルガーとピンポンで相手のユニットを一方的に破壊
そのまま相手の場を壊滅させる
そして残り本国13点できっちり13点を出し勝利

9-0


よしよし・・・・こっから二敗しても9-2で・・・・
と一瞬考えるが今試合以外のことを考えたら負けそうな気がしてあえて封印
横浜対戦者さんも見守る中 最終バトル開始
サイドはストバル抜いてスーパー一条機



2本目


相手が選べるのだが、相手は後攻を選ぶ なんと!
確かに後攻だと手札7枚の中からGを選べるので後攻のが良い場合も多いんですよね

こっちは手札が寒いがリガードがいるので開始
こっちはきっちり2T目にリガードを決めるが手札が重い
相手も同じようでいまいち伸びない・・・・

ここは・・・・・・・攻め時!
と思い3T目にリガードに一条をセット 2点アタックを開始する
相手は回復どうせ入れてないだろうから少しでもダメージをあたえていきたい 結果的にこれは成功だった
重要なのはダメージを与えられる時に与えることですね
こっから相手もさすがに武装変更でスーパーメサイア出される
こっちも5T目にヌージャデルガーをプレイ さらにこのときも一条が生き残るw
何気に射撃3って偉くない?
こっからは相手が若干事故 それを見逃さずグラージとマックスセットをプレイ
テキストは失敗するが場はこちらが上
ピンポイントバリアで守りつつ愛覚えてますかでダメージ軽減しつつアドバンテージをこちらが稼ぎまくる
こっちはマクロスプレイ、次のターンマクロスを引きマクロスプレイとちょう堅い体制にまで育てる
まだ一条リガード生きてるw

相手はこっから完全に沈黙 スーパーメサイアのみをプレイしていくがもはやこっちを止められない
こっちはあいうち上等で2面アタック!
相手の場を復旧させないようにごり押し やっぱり相手にユニットがいないなら殴るべきだね
こっからは一方的・・・いくのか・・・・・・

もはや相手は何もできずこのまま殴り 勝ち
相手の本国は・・・・・・0



10-0  優勝



・・・・・・・・・・・・・・・はぁーーー!
勝ったのか!!まじで!?という思い
優勝が嬉しいというより解放されたーという気持ちのが強かった
すでに勝率で自分を上回ってるもしくは同列の人がいないのは知っているので優勝確定した

このときの感動は一生忘れないと思うまじでw
さすがに超カンゲキしました

身内の仲間たちが走ってくる 勝った?と聞かれ 優勝したよと報告
うっそー!?と言われるが俺もそうだよとw

このあと横浜で対戦した方と会話
おめでとう!と言われるが実感わかない あの時より強くなったね!とか言われてちょっとうれしい

あとは対戦相手の方にご挨拶 ありがとうございました!
あんまり喜ぶと失礼かと思ったのだがこのときはうれしさでうち震えてたと思う
やったー 優勝したぞー!

あとは会場をめぐり本日挨拶した顔見知りさんたちにご報告
このとき優勝しました ってブログを携帯から更新したりしてたよw

身内たちからは祝福 すげーよって言われる 
そういえば対戦表を受付に出すときにバンダイの方から「すごいすごい 10−0はすごい」とか言われてましたが、正直運です

あとは表彰式を待つだけなのでもう 戦わなくていいんだ・・・・・・と一息つく
あとはいろんな人たちが席にきてデッキの説明をしたりして表彰式を待つ


表彰式はコメントとかしましたけど、ぶっちゃけ運ゲーとかいったきがするw


こっからは同意書書いたり写真撮影したりしました
最高の時間 TCGやってて一番忘れられない感動をもらいました


以上
大会レポ終わりです
だいぶ長く試合だけ書いてればよかったのですが一応残そうと思って長く書きました
人に見せるってより自分の日記って意味あいのが強かったかもw

ではこの大会に参加した方、運営した方々すべての人たちありがとうございました!


ではでは また次の大会で。
| 大会レポ | 21:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

マクロスクルセイド クルセイドツアー09東京公式大会 マクロス杯レポート 優勝への軌跡ァ〆廼の相手!フラグ回収!

 もうそろそろ終わる大会レポのその
い梁海なのでいらどうぞ


今だに全部読んでくれてる人はいるのだろうか・・・?
他の記事も書こうかと思うのですが、一応これ終わってからいろいろ書こうと思います
お付き合いいただけると幸いです

今回も対戦相手は上位入賞者さん
なので公式のデッキを参考にしながら見るとより楽しめます ではスタート


3回戦目終了後
身内が集まってきて、結果を聞かれる
「うぉ!?」とか言われるが、「さすがに次はないって」と返答
ふと周りをみまわすと、朝あれほどいた参加者は明らかに減っていた
ここまで来ると、さすがにドロップが目立つ 2敗が目安なんだっけ?
まぁプロモ配られちゃったしね

なぜかこのときの俺は落ち着いていた
さすがにここまで来ると嬉しいのだが、ジンクスのせいで次は絶対に負けると思い込んでるからだ
だって次こそ上位同士の争いですよ?勝てるわけねーですよ?


そんなこんなで第四回戦の貼り紙発表
遠目から見ても明らかに減っているが近寄る・・・・・・・!?

おいおい いよいよか・・・・・・・・・

なんと一位卓に俺の名前が!しかも一番上
はぁ・・・・・ついに一位まできちゃったか・・・・でもどうせ勝率で一緒な人が何人かいるんだろ?とか思いつつ席へ
身内からは「へへへw 頑張って負けてこいよw」などと冷ややかな声援が へいへい

一位席へ着席
さすがにここまで来ると見える景観が違う
日記の良いネタになるなー 帰ったら「今日 一位卓にまでいったんだよ!でも負けたけどね!」
っていう日記を書くことになるだろうとこのときまでは思っていた

ややあって対戦相手さんが到着 「うわー・・・」と俺の勝率を見て嫌な顔をされるが
こっちからしたらあなたのが強そうですよとw

「この時点で6-0という勝率は一人 なので現在あなたが単独首位ですよ こっちは6-1で同じ勝率同士マッチングされるものだから」

と対戦相手の方のセリフ

えー・・・・そうなんだ・・・w 今気づきました
でもま、どうせry 日記のネタになるくらいにしか・・・w



・第四回戦目 対 緑単 東京公式大会マクロス杯 5位入賞者さんです!


はい、感のいい人っていうか
,ら見ていてくれてる人はお分かりでしょうが、フラグ回収ですw
,任い辰討い仁价韻箸弔い謀たりました  しかもここにいる中で最強の緑単
実力も今日戦った中で最強の相手でした
このとき相手さんが6-1でこのあと6-3 最終的に8-3で5位だったんだと思います
というわけで前回に引き続き公式から5位の方のデッキと俺のデッキを見ながらどうぞ

1本目 試合開始

最強のプレイヤーでなおかつ前夜にフラグを立てた緑単が相手
これは神様がマッチングした試合なのか!と

しかし、ここで本日一番の最高の周りを見せる!

後攻だが
こちら2T目からVF1-AFから一条機で3点ダメージ与えつつ
4T目しっかりとグラージ
この時点で相手が緑単という事には気づいているのでスナイパー警戒してグラージにマックスセット
で防御ステップ 相手はブロックなし
こちらテキスト起動でクァドランレアが登場!
ここまで神がかった最高の周り
しかし最強の相手にはこのくらいしないと勝てない・・・・・・・

相手もしっかりとゴーストをブロッカーとして出し、スーパーアルトメサイアを武装変更
一応相手には回復がないということでダメージレースに持ち込んでこっちにはブロッカーなし
結構ダメージをくらっていく さらに相手高速戦闘だし

こっちも展開していくがそうてんとミンメイが引けない
なんとかコマンドで騙し騙しやっていくが、相手がスーパーメサイア二枚だしさらにルカとクランが!
さすがにでけー
相手も高速戦闘によるダメージレースに持ち込むようだ
しかしこちらとて今日の引きは良い
マックス機にカムジンを乗せて殴っていく 相手はクォーターなど捨てさせこちら良い感じ
しかし相手も相手でコマンドから速効で殴ってきたりして一時やばくなるも
ここでミンメイとマクロス登場 カムジンのおかげで相手の場がだいぶさみしいことになっていたのもあって殴り勝ち

途中でだいぶ巻き返されたけどやっぱり4T目の大ダメージがひびいたようだ

7-0


さすがに緑単相手なのでグラージとクァドランを抜く
VF1JFとB、さらに焼き対策にピンポイントバリアを3つみ

相手もサイドを変えているようだ

2本目


こちら後攻
初手が・・・ピンポイントバリア2枚とか・・・・
でもマックス機やグラージがいたのではじめる しかしのちにこの2枚のピンポイントバリアが役に立った
今回はグラージがいないので最初からガンガン攻める
相手もメサイアなどをだすが展開はこちらがうえ
4Tマックスがひいたので手札のカムジンをGに これが正解だった
相手はこちらが青メインのカムジンデッキだと思ったのかデストロイドワーク
しかし、デッキを見てもらえばわかるが俺のデッキにカムジンは2枚しかない
そのうえ一枚はG ほぼ無意味なのでここはラッキーだった

グラージがいないのでサイズ的なものは小さいが、ピンポイントバリアで相討ち狙いを生き残り
さらにピンポイントバリア・・・・これにはさすがに相手もアドバンテージをだいぶ失う

あとはこっちも殴りにいくだけなのだが、さすがに最強の対戦相手
こっからスーパーメサイアにルカセットゴースト さらにまた速攻などをつけて
こっちの部隊と大部分相討ちとられてしまう
体制の立て直し・・・なのだがこっちはなんとか先頭ユニットを補充し場に出せる
相手はいまいちなようでガウォークとメサイアFくらいしかいない

こっからはお互いダメージレース こっちはなんと高速戦闘ブロック出来るユニットがいないため
そうてんを持っていてもほぼ無意味 相手の攻撃を総受けなのだが本国差ではこっちが有利
さらにこちらも毎回ダメージを与えている・・・
ダメージ量もこっちが多い
ここでさらにダメ押し 愛は流れるを引き 一気に相手のテンションがダウン
攻撃しても回復と青ならではの戦い方で勝利!

愛は流れるはやっぱり最後の最後で使えるんだねー あとピンポイントバリアが神すぎる

8-0


おいおい8-0て・・・・・・・・・


今回はここまで
次回がたぶん最終回となります

長いことお付き合いありがとうございました。
| 大会レポ | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

マクロスクルセイド クルセイドツアー09東京公式大会 マクロス杯レポート 優勝への軌跡ぁ,海譴らの対戦者は全員入賞者!

 かなり長く続いてる大会レポのその
続きなのでから見てください  

あと2回くらいには終わらせるつもりなのでお付き合いいただけると幸いです

さらにこれから戦う3人の相手は全員上位入賞者さんです
なので俺と合わせて対戦者さんもリンクにある公式にデッキが載ってるので、そちらもご覧になりながらどうぞ


本編

2回戦目終了後
皇帝ルルーシュプロモをゲット
とりあえず今日これだけはもらっておかないとなー と思っていたら対戦者さんもそう言っていたw
みんなそうなのねw

こっからは昼休みスタートなのだが、食欲はない
様々なグループの顔見知りさんたちと挨拶をかわし外の木陰で休憩することに
とりあえず飲み物とのど飴だけで済まし、雑談ばっかしてました
「何勝しましたー?」とかもあったがやっぱり8弾ネタ
数パック買ってカズマを当てた強運の方の運にすがりたいw
また長くなりそうなので何を話したかはかつあいしますw

そろそろ時間かーって事で会場に戻ることに
まだ体調は大丈夫そうだ

例のごとく貼り紙待ちをする やっべーやっぱ緊張するー
ブログに記載済みだが俺はどうも後半に負けるというジンクスがあり、マクロス公認でも健著だった
そのことを知ってる身内からは散々冷やかされるw

「それじゃあ対戦組み合わせを貼りだしまーす!」といつものアナウンス
俺の卓は・・・・・・・・っと

4位卓か・・・・公式大会の3回戦目じゃ行ったことないような卓だw
内心はこうなるだろうな、やっぱりなと思うがいざ目の当たりにするとプレッシャー
でも「どうせ負けるなら せめて頑張ってみるか!!」と半ばヤケになってそういう事は忘れることにした
良いブログにネタにでもなるな くらいにしか思わなくなった

席に座り待ち対戦者さんの登場
さすがに上位卓の席は雰囲気があるな・・・


・第三回戦目 対 青緑グラージ 4位入賞者さん

1本目

えーっと散々説明してきましたが
この方は東京公式大会マクロス杯4位入賞した方です!
なので公式にある4位の方のデッキと俺のデッキと見ながらレポを読むとさらに楽しめます
(しかし、対戦者さんのデッキを見ながらレポ書けるってすげー珍しいことだなー)
多分このとき対戦者さんは4-0で試合後4-2になり、その後8-2までいっての4位だと思います
俺が負けてたら優勝してたかもしれない人です
本日一番の神引きをした試合


とりあえず、シャッフルし ご挨拶 よろしくお願いしまーす
じゃんけんは唯一 勝って先行をもらう

さすが同じタイプグラージタイプ、やることは一緒
さすがにグラージタイプ同士のミラー練習はしてこなかったので少し不安
最初は周りお互い3Tにマックス機、4T目にグラージ、キルトケルエール
さらにお互いグラージ成功 向こうがヌージャデルガーでこっちがクァドランかな
差がつくのはデッキ構築とプレイングのみか・・・・・・こりゃ一気にレベルあがったぞ・・・・・
さすがに攻撃していくかブロッカー残していくか悩みどころ
で、お互い選択したのが「殴り合い」
そりゃもうお互いアホかってほどにダメージレース
デッキを見るとブロムコタイプだったのだが、ブロムコバウンスは成功しなかったのが救いか
キャラマックスも入ってたのだが、緑多めだったのでセットすることは無かった
マクシミリアンを見たとき、ひやっとした・・・・・・こいついるだけで手が止まるがGなので安心

ダメージレースしつつお互いコマンドでけん制しあう
向こうはダイヤモンドクレバスでこちらロールさせ一方的な破壊をさせようとするがこちらも愛覚えていますかでダメージ軽減でことなきをえたり
今度はこっちが相討ち狙いのブロック、しかしこっち手札にはピンポイントバリア・・・・
が、しかし相討ちしたのち射手座でバリアをカウンターされたりと、まさに激戦
お互い同じようにまわって同じようなユニットを出し、プレイングもお互いミスはなし
これは一度でも たった一度でも戦闘エリアに出すユニット間違えたら負ける・・・・・これはお互いが感じていた
さらにこのときのお互いの残り本国は15:15とまったく一緒というまさに肉薄した接戦
そんな激しい攻防をしていて気づいたら お互いの残り本国が減っていく・・・・・・・
10以上あったとおもったらあっというまに8・・・

コマンドも使い尽くし お互い手札はほぼなし
俺はというと手札には腐ったクァドランレアのみw
しかし場にはストライクやマクロス、グラージなど生き残っているのが救い
おそらく相手もそうで場のユニットの性能も枚数もほぼ一緒

攻めないと攻めないと・・・と思うのだが一歩がふみ出せない
お互い何も出来ずエンド、エンドと
この時点でお互いまじで残り本国5枚ずつ


「ここで何か引かないとこの状態で殴りにいかないといけないのか・・・・・・」

何か、何かこい・・・・・・!ピンポイントバリアでも何でもいいからコマンドを・・コマンドを・・・!

ここで神引き


つ 愛 は 流 れ る


目の瞳孔は限界までに開いた・・・!
鷲頭のロンした瞬間の状態を今この瞬間感じた!!!
一気に体が痺れるような感覚・・・
引きの神がいるとしたら感謝したいくらい


場にはミンメイがすでにセット済み
さらに手札に腐っていたクァドランをGにして愛は流れるをプレイ
11点回復 うわぁー・・・という声が聞こえて申し訳なく思った
確かにこれこの場でやられたらと思うとぞっとする

後はターンエンドしてブロックに専念するかと思ったところで相手が投了

さすがにこれはプレイングやデッキ構築云々じゃなく完全に運で勝ったようなものだなー
いや、もしかしたらデッキに愛は流れるを入れてるか入れてないかの差だったのかな・・・

5-0

対青緑のグラージなのでスナイパー入れてることはないかな、あってもグラージにキャラセットでいいやと思いサイド変更はなし
相手もサイド変更しなかたっとおもう
まぁデッキ見たらしっかりとサイドにスナイパー入っていたのでこの判断はまちがっていたようだがw
しっかし、さっきの戦いでだいぶ疲れたw さらに時間かかりすぎたため早めにやらないと

2本目

こっちが後攻
しかしVF-1AFとスーパー一条機がいたためスタート
2ターン目からクロック開始
次にリガードで1ドロー
相手はあまり展開出来てないのようでVF-1JFやキルトケルエールなどしか出ない
ここは攻め時と感じ スーパーバルキリーに一条セットで出来るだけ打点をあげる
カムジンを引いたがまぁいらんのでG
さっきに比べてこちらもミンメイやコマンドを引かなかったのだが安定してユニット引き
グラージも配備、しかし手札やGにヌージャデルガーやクァドランがすでにいたためテキストは使わず この判断が重要
途中 VF-1J一条機を相手が出すがロールイン
こっちはそうてんがいなかったのだが、その時を逃さずダメージを与えるべきだと判断したためこっちはフルアタック
結果的にこの判断は正しかった 相手に回復はなかったし、このあともブロックに専念させることができたから
このあとは落ち着いてマクロスなどをプレイ マックスなどで鉄壁をつけて盤石
冷静にブロッカーを残しつつマクロスを壁にして最低1体はユニット倒せるように注意しながらじわじわ攻撃
一気に攻めるとボロが出て返される可能性があるしそのチャンスを逃すようなやわい対戦相手じゃないからすっげーここは慎重にいった
こっからは場を覆させられることなく相手の場をほぼ壊滅させ殴りきって勝利

6-0


はぁー、勝った 
勝利の喜びよりも戦いから解放されたってのが大きかったわぁ
最後はお互いにあの引きはないわーといっていましたw






今回はここまで
次回からも対入賞者さんたちと試合するのでぜひご覧ください
ではでは
| 大会レポ | 15:26 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

マクロスクルセイド クルセイドツアー09東京公式大会 マクロス杯レポート 優勝への軌跡 今度から公式サイト見ながら読んで頂きたい

 マクロス杯レポ △梁海です

だいぶレポ書いてる途中で消えた・・・・・・・・
また書きますがちょっと短めに

一回戦目が早く終わったのでアンケートを書きに行くことにする
列を探し当てるが、アンケート用紙をもらう列と渡す列が一緒なのでちと分かりにくい
近くで「どこでアンケートもらうんですか?」といつも誰かが聞いてたのが印象的だった

結構長いアンケートを書き終え渡しガウェイン&ランスロットと娘々をゲット
せっかく来たんだからもらえるものはもらっとかないと!

そこからは知りあいさんたちの試合を見ることに
どうやらみな、勝っているようなので一安心
何か後ろから試合を見ているとみんな強そうに見えるのは俺だけでしょうか?

みなが試合終了したあと一旦集合
「どんなデッキだった?」とか「青緑多いねー」など雑談
またここでさっき買ってた8弾を見せてもらった イデオンソードおもしれー
ここで一回戦目の規定時間終了 運営が対戦表を集めることに
今回は早めに貼りだしを見るために近くで待機 
一回戦目に比べると緊張感は少し緩和されているのだがやっぱり緊張する

「それでは第二回戦の対戦表を貼りだしまーす」
えーっと俺は20番目か 
このときの対戦相手は当然勝率の近い一回戦目を勝利した人
さっきのようにはいかないぞ! 気を抜かないようにしないと!

卓につき対戦相手の方と挨拶 よろしくお願いしまーす
ここでデッキリストを集めるという事で運営さんに渡す
緊張からかあまりここは覚えてないw

そんなこんなで
「それでは第二回戦! 試合開始!」 (実際はレディーなんちゃらだけど失念)

お互いシャッフルし、じゃんけんぽん
当たり前のように負けたので俺が後攻 ジャンケンめちゃめちゃ弱いんです俺w
(このときの試合が最も記憶薄いのであいまいな表現になってたらすみません)

・第二回戦 1本目 対 青緑味方殺しとスナイパー入り

初手確認 マックス機とリガードいたのでスタート
相手はアルト機中心にプレイしていく ファイターからガウォークと展開される
こちらはリガード、次にマックス機とプレイしていく
相手からのガウォーク最速ダメージなど受けるがまだまだ大丈夫
こちら4T目、マックス機にカムジンセット 殴りにいく
6点ダメージを出しこちらはリガードを捨て相手はメサイアアルト機ファイターを捨てる
次T、クォーターをプレイされ ここで相手はしっかりスーパーメサイアを武装変更
さすがにサイズがでかい 殴られて5点くらう
こちらのターン
キルトラケルエールをプレイしカムジンでアタック 速効6点なので通る
どうしても相手のそうてんを落としたかったため
こちらはカムジンを捨てる 相手はスーパーメサイア残しクォーターを捨てる
このときの場は一瞬相手のサイズに勝てるユニットがいなくなるが、次ターンでさっき引いたマックスをマックス機に乗せることができる・・・・・・・
相手もユニットを展開していくが、はじめの方でカムジンで減らしたのが効いたらしい
マックスセットを突破出来ないようだ
そこからはこちらストライク、マクロスなどを次々に展開しアタック!
相手がスナイパーでスーパーバルキリー一条機を落とそうとするのだが、カットインメタルミンメイで守る
相手はダイヤモンドクレバスでダメージを減らすがこちらのユニットを落とせないとほぼ意味がない
そのまま殴りきって勝利

3-0


2本目
スナイパーが見えたのでグラージとクァドランを抜いてVF-1JFとVF-1JBを入れる

こっち後攻でスタート
初手いい感じ VF-1AFからマックス機で2ターン目から3点クロック開始
相手は青カードを増やしたのかな?青Gが多い・・・・まさか・・・
そっから相手はキルトラケルエールやリガードなどプレイしブロック一辺倒
手札にピンポイントあったのでこのタイミングで攻める
こちらは4T目にVF-1JFとキルトラなどプレイ5T目にマクロスプレイ さらにマックス機にマックスセット

相手6T目 味方殺しをプレイ やっぱりかーw
こちらはマックスセット残るのでマクロスを残しそうてん重視
ユニット警戒してマクロスをリロールで残し マックスセットでアタック
そして相手リガードプレイ7T目 もう一度味方殺し マクロス落ちる
相手はそこからスーパーメサイアなどをプレイしてくるがすでに本国差はこちらが勝っている
こちらもここからの引きがよくストライクバルキリーを引きさらに次にブロムコを引く
相手とりあえずユニット2枚残しブロックして相討ちする気なのだろう
しかし、こちらの場はストライクバルキリーにブロムコ マックスセット
さらに手札に愛覚えていますか 
こちら両面アタックし相手ブロック 歌プレイしてブロムコの効果で手札に戻してあげダメージ通る
こっからはこちらさらにキルトケルエールを引き場がほぼ元通りになる
相手はここで残り本国を確認し投了

4-0



今回はここまでです
途中で書いてた記事が消えたためかなり簡略化してしまいました
また今回の試合、かなりあいまいですみません 次からの試合は覚えているので

あ、あと次のレポを読む時は公式サイトの入賞者レシピ見ながらだとさらに楽しめると思うので
用意してもらえるといいはずです ではでは

| 大会レポ | 22:09 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

マクロスクルセイド クルセイドツアー09東京公式大会 マクロス杯レポート 優勝への軌跡◆〆任盍躙韻併邱隋

※ マクロス杯レポ△任后´,鮴茲貌匹鵑任ら△鯑匹鵑撚爾気

エレベーターを出ると、横に広い会場が!
左からブードラ卓 ガンスリ卓 サンライズAブロックBブロック卓 クルセイド卓 マクロス卓
と並んでいるようだ
また窓がついており、外の景色が結構きれいで気に入った 天気も良かったしね
思えば試合も外の景色が見える席ばっかり座ってた気がする
前回の横浜は外見えなかったから新鮮で、気分が少し楽になった

エレベーターから出たらそのまま受付へ
微妙なデザインのスリーブと用紙をもらう しばらく配布はこのスリーブなのか・・・・
すでにデッキリストは作成しているので席で待ってようかなと思ったら、何やらまわりが騒がしい
「おい!サンクルの8弾が売ってるぞ!」
なんと物販に発売前の新弾が販売されているとのこと、これにはまわりの知り合い仲間たちもどよめく といっても明日月曜に発売してるんだけどね
しかし、マクロス杯の席は物販コーナーから最も遠く、明日買えるし今緊張してるからいいや ってことで俺はスルー 知りあいさんたちは買ってくるそうだ
その間に、落ち着いて開始を待つ
そういえば、アンケートを書くともらえるプロモってどこでやってるんだろう?などと考えているとややあって、運営側から注意事項の説明アナウンス
「イベント初参加なひとー?」とテンプレ質問で会場を盛り上げようとしてるのだろうけど、こちとら緊張と体調不良でいっぱいいっぱいなのでそれどころじゃないw
そこに新弾を買ってきた知り合いさんたちが、少し買えたらしいのだがもうすべて完売したそうだ
定価なのに・・・・というか新弾あるなら賞品新弾にすればよくない?とまわりと雑談

そして・・・
バンダイ「一回戦目の組み合わせ発表をおこないまーす!一回戦目はランダムで対戦相手がきまりまーす!」

いよいよだ、さすがに緊張はピークに達する 風邪のせいなのか緊張からなのか足が重く感じる
対戦表の記載された紙が貼られ人が集まる、俺もあわててそこへ
受付番号が200をこえてたので200人以上の応募はあったんだろうが、実際はそこまで人はいなかったようだ
俺の卓は40番くらい だいぶ下だ
ここで気になったのが席順番の割り振り なんかだいぶおかしなことになってるんですけど?
40番のとなりになんで35番とか来るんだろうか かなり分かりずらい
今回の大会で唯一ダメなところがあるとしたらここだけですね 理由がわからんw

卓を確認し席につく とりあえずデッキシャッフルシャッフル
そこに対戦相手が来てお互いに挨拶 よろしくお願いしまーす
この席の近くにいつも拝見してるブログの方がいらっしゃって挨拶させてもらいました
まわりの席の方たちとも雑談して良いムード
そこに「それでは第一回戦 開始!」のアナウンス
いや、実際はレディーなんちゃらって決めてたと思うんだけど、試合前の緊張のあまりほとんど覚えてませんww

・第一回戦 一本目 対 青緑

えー、先に書きますが 今回の大会ここが一番危ない試合でしたw
後残り最低でも9試合しないといけないんですけど、この最初の最初こやばかったなぁ

デッキシャッフルを終え、お互いのデッキをシャッフル
ジャンケンをし、手札6枚確認  
案の定ジャンケンには負けたのはこちら後攻
冷静にいこう・・・冷静に・・・・

初手はVF-1A戦闘機が2枚あったがそれ以外のユニットが5国以上のしかなくマリガン
また同じ動作を繰り返し初手確認・・・・・・


て、手札にユニットがNEEEEEEEEEEEEE
実際には5国で出せるヌージャデルガー一枚のみ
やべーよ・・・おいおい こんな事故したの初めてだw
ここで脳裏に「あー こんな体調不良なら家で寝ながらDB見てればよかったなー」とよぎる
終わったな、最悪2回戦ドロップも視野にいれつつ開始

まぁ、引けばカード来るんじゃね?と淡い期待を持ちつつ・・・・
相手、青の多い緑なのかな?柴のカードも入ってた
相手はきっちり2ターン目にリガードを決め3ターン目にはVF-1JFを配備
こちらといえば、何もだせずw
2ターン目にきっちりミンメイを貼っただけで無防備状態
相手3ターン目の攻撃はまだまだ続きVF−1JFに柿崎をセットされる
か、柿崎? とりあえず3点アタック開始されなすすべなく受ける
こちら3ターン目になってもユニットいまだにひけず何もしないでエンドという完全に苦笑い状態
相手は次のターンもきっちりユニットを引きVF-1JFを出す 唯一の救いはまだダメージが低いことだな・・・と思いつつまたダメージ
相手4ターン目もリガードを出され、手札が充実しつつユニット展開される
こちらはというと・・・・・・4ターン目になっても出せるユニットひけねえ・・・・・
ヌージャデルガーとキャラとコマンドのみという糞手札
さすがに相手が武装変更して殴られたらたまったもんじゃねえぞ と思いつつエンドする
しかし、殴ってくるのは戦闘機とリガードのみ
あれ?と思い ここでヌージャデルガー ロールイン!そこに仕方なくマックスセット
相手この次もたいした展開なく戦闘機とリガードのみでダメージ受ける
たいしたことない威力だが、さすがに本国差がやべえ、しかしここはワンチャンスいけるか?と奮起
ここでキルトラケルエールを引きそうてんは問題なくなる
とりあえず殴り殴り 相手はそうてんがおらず、ダメージを与えていける!
ここで相手のアタックがストップ ブロックする気らしい
相手柿崎と回復ミンメイしかキャラ見えてないので、こちらアタックを開始する
さらにこの次ストライクバルキリーを引き、だんだん調子よくなってきた
また、初手から温存していたコマンド群のおかげでブロックきても愛・覚えていますかなどで一方的に倒していく
相手がここでナイトバジュラを出すが、もう遅く相手の場は半壊 柿崎VF-1JFしかいない
こちらはマクロスなどを追加して両面アタックでダメージを稼ぐ
ここまでなったら、こっちのもの 最初の本国差を逆転し、そこから相手は防御一辺倒
相手はユニットを引けてないようで、こちらが本国きれる前に相手の本国をなくし勝利

1-0

まさか勝利できるとは思ってなかった・・・・
絶対に今日の分岐点はこの試合

2本目
サイドボードの変更はなし
こちら後攻

初手は前回ほどひどくはない 
相手、またしてもきっちり2ターン目にリガード さらに3ターン目にもリガード&VF-1JFに柿崎セットという相手の鉄板パターン?が決まる
しかし、こちらは前回と同じ様にやられるばかりじゃない
こっちは3ターン目マックス機、4ターン目にマックス機に一条輝をのせさらにグラージプレイ
そしてアタック グラージからヌージャデルガーが飛び出し一気にダメージアップ
次ターン 相手またしてもリガードプレイ
ブロック1枚だけ残してダメージレースに持ち込みたいようだが、こちらは手札が充実しているうえ場のユニットでゆうせい
1本目よろしく、またしてもこっちのダメージアタックがはじまる 
相手がやっとナイト型と格闘値のあるバジュラをプレイしたのだが、時すでにおそし
こちら ミンメイはいないがユニット豊富さで殴り続けて勝利

2-0

試合後ちょっと聞いたらやはり最近はじめたばかりなのだそうだ
確かにレアカードらしいものはほとんど見受けられなかった
今だから言えるが、優勝後 みかけたら報告したかったのだが、会場探してもいなかった
表彰前に帰っちゃったんだろうか・・・・・・残念
体調不良じゃなく公式大会1試合目じゃなければいろいろアドバイス出来たのだろうけど今は自分のことで精いっぱい
少し会話した後対戦シートに記入し受付へ





想像以上に長くなったので、今回はここまで
試合長く書きすぎ・・・?
まだ1試合目しか書けてないとはw
これからせっせと書いていきますのでまたよろしくです

真の戦いはここからはじまる・・・・・・・
| 大会レポ | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

マクロスクルセイド クルセイドツアー09東京公式大会 マクロス杯レポート 優勝への軌跡 .廛蹈蹇璽亜

※今回は対戦レポありません 

時をさかのぼること約一週間とちょっと前
公式大会直前、7月10日(金)のお話 
この日、ブログをいつも見ていて下さる人には分かるだろうが、マクロス公式直前だってのにサンクルの7弾環境ラストってことでサンクル公認に出ていた

公式前に大会の雰囲気だけ慣れておくかー と思ったのがそもそも間違いだった
公認大会結果は2位とどうでもいい結果、大会後知り合いさんとマクロススパーするのはちょっと助かったのだけれど 公式前に由々しき事態
この日、風邪を引いたのだ

次の日の7月11日(土)
朝起きてみると、のどがめちゃめちゃ痛い・・・・あちゃーと思ったのだがこの日は朝から夜前まで忙しくゆっくりできなかった
夜も夜とて家にあった薬を飲むが一時的に緩和されるものの数時間で効果がきれる始末
本当ならゆっくりして体調万全で望みたいのだが、これからデッキリストに書き込みしたりマクロス公認で戦えなかった緑単とスパーリングしたりとこれまたやらねばならぬ事だらけ

とりあえずのど飴を口に放り込んで、マクロス緑単を適当に組む
さすがにメインデッキではないので行き当たりばったりに組んでこんなもんだろーとメインデッキと対戦させて流れやプレイイングの予習のつもりだったのだが・・・・

緑単つええ・・・・・・w
おいおい適当に組んだ緑単に頑張って組んだメインデッキが負けるとかどういうことだよw
プレイング以前の問題だぞ、などと考えていたらさらに熱が上がった気がしてきた
さすがにサイドは緑対策で間違いないっぽいな
このときすでに、0時をまわっていてあわててデッキリストを作成
もうこうなったら緑単と当たらないことを祈るばかりだ・・・どうか緑単来ないで下さい!!
と、思いつつカード名を記入
サンクルに比べてVF~だとか長い名称が多いのでおもったより時間かかってしまった
書く所ちっちゃいんだよー

そんなこんなで1時すぎてあわてて布団に入るが薬もきれた上に熱帯夜
まったく眠れない
エアコン入れるにしてもさらにのどを悪化させるだけなので、どうすることもできず
明日は早いんだ、寝ないと寝ないと と思えば思うほど眠れないもの
そこで何気なくTVをつけてみる
ほー何やら映画がやってる様子、虫みたいな怪物と人間との宇宙戦争ものの映画
ちょっとグロイが何気なく見てしまう
映画をやってる間TVをつけたり消したりで何とか眠ろうと頑張ったのだが、まったく眠れず
映画終了の朝の5時まで結局起きてしまった
家を出るのは8時すぎで良いのでまだ時間があるのだが、さすがにこの時間に寝てしまうと遅刻してしまう恐れがあるので、寝ずに少しベッドで横になったあと6時くらいに起床
結局、まったく寝ずになおかつ風邪という最悪のコンディションが完成してしまった

朝食はインスタントみそ汁だけ作って、また薬を飲む
なんとか一日持ってくれよ・・・・と思うがおそらく無理だろう
早めに起きたので忘れ物がないかチェックするのみで軽く手持ち無沙汰

で、8時すぎ出発 のど飴をなめながら家を出る
くぅ、朝なのに早速日差しが強いぜ・・・・

もう今日は終わったかな、と半ば自嘲気味に嘆きながら電車へ
浜松町で出るべき改札から最も遠いホームで降りてしまいホームを端から端まで歩くはめになったりと泣きっ面に蜂
浜松町の会場ははじめてだったがまわりにも参加者が多くいたのでそれとなく付いていくことに
まだ9時前だってのに太陽が・・・ry

そんなこんなで会場に到着 まだ中には入れないようで外に列を作成する囲いが出来ていた
今、外に立ったまま並ぶのはちときついので脇へもたれかかり時間を待つ
ちょうど9時ごろぞろぞろと他の参加者も見え始め顔なじみのお知り合いさんたちが登場
はじめましてーの方々もいたのだが、楽しく会話できた ここは助かりましたね
「デッキ何つくってきたの?」「どこの大会に出るの?」などなど、とりあえず楽しめればいいや的なグループで決して上位を狙うようながちな人はこの中にはあまりおらずまったりムードでいよいよ開場

ガンスリなどに出る人を除けば知り合いさんグループほぼ全員マクロス杯ということで「初戦から当たりなくないねー」とか「あんたとは戦いたくないw」とか言われてましたw
こっからはライバルだね!とか言う人はいなかったなw
開場して中に入れる順としてマクロス杯は比較的早くは入れてめっちゃよかった
最後の入場で外にずっと立たされてたらたまったもんじゃなかったねw たぶん死んでた

中に入ると涼しい風でだいぶ癒される エレベーターに乗りいざ戦場へ!







長くなるので、今回はここまで
対戦レポは次回からのるはずです レポも数回に分けて書くと思います
サンクルの話題はとりあえずレポ書き終わってからにします
サンクル楽しみになさってた方はすみませぬ
| 大会レポ | 23:14 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

マクロスクルセイド 東京公式大会について

金曜日から喉が痛くて風邪をこじらせていて、なおかつ忙しくてほぼまったく寝てない状況での参加でした

おそらくこういった大会で過去最悪のコンディション(笑)

ただそれが良かったのかな?
朝並んでるとき暑くて大変でしたけどw


とりあえずさっきも言ったとおり公式じゃいくつか不透明だった優勝賞品でも羅列していきます


・プラモデル メサイアアーマード アルト機
・優勝プロモ 深優
・優勝プロモ トライアングラー
・メタルスザク
・メタル皇帝ルルーシュ
・サンクル7弾 ブースター1BOX
・マクロス1弾 ブースター1BOX
・サンクル7弾 スターター1個
・マクロス1弾 スターター1個
・マクロスクルセイド GR「銀河を駆ける歌声」の絵のサイン入りイラストボード
・優勝トロフィー

あと全勝したので
・メタルルルーシュ&メタルCC

以上12種類
あと他に 参加プロモとアンケート書いたらもらえるプロモもゲットしました
ちなみに優勝トロフィーは後日自宅に送るということらしいですw


| 大会レポ | 03:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM